Windows XP Online Book    
HOME
 
■ Outlook Express / Internet Explorer のメンテナンス
    Windows XP 環境での IE および OE のメンテナンスについてまとめてみた。データのバックアップや新しいパソコンへの移行に役立ていただきたい。画像が見難い場合は、画像をクリックしてください。(このページは予告無く変更されます。)

  1. OEのデータをインポート/エクスポートする

    Windows XP 環境では、Outlook Express のメールやアドレス帳は、標準では「Documents and Settings」(マイドキュメント)フォルダの中に保存される。保存フォルダが以前の Windows と異なるため、バックアップの際に悩むユーザーも多い。また、パスワードを含むアカウント情報やメッセージルールは、ユーザーが検索できるようなファイル化はされていない。各々、インポート/エクスポートの手順が異なるので、バックアップや移行の際にはもれの無いように注意したい。

    データ
    エクスポート・インポート手順
    ファイル名
    メールアカウント ■エクスポート
    1. ツール>アカウント>[メール]タブを開く。
    2. エクスポートするアカウントをマークして[エクスポート]をクリック。
    3. 保存する場所(フォルダ)とファイル名を指定して[保存]をクリック。

    ■インポート
    1. ツール>アカウント>[メール]タブを開く。
    2. エクスポートするアカウントをマークして[インポート]をクリック。
    3. エクスポートしたファイルを指定して[開く]をクリック。

    xxxxx.iaf
    メール 標準では次のようなフォルダに保存されている。
    C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Identities\{B6FE615-.............18C0FCD}\Microsoft\Outlook Express

    ■エクスポート
    1. ツール>オプション>メンテナンス>[保存フォルダ]をクリック。
    2. 保存場所のフォルダ(C:\documents....)をマークして右クリックし「コピー」。(または Ctrl+C)
    3. スタート>ファイル名を指定して実行>[名前]欄で右クリックし「貼り付け」(または Ctrl+V)、[OK]をクリック。
    4. 保存フォルダが開く。この中のファイルまたはフォルダごと、保存するフォルダにコピーする。

    ■インポート
    1. ファイル>インポート>メッセージ。
    2. 一覧の[Outlook Express X]を選択し、[次へ]をクリック。
    3. [Outlook Express 6]ストアディレクトリからメールをインポートする]を選択し[次へ]。
    4. エクスポートしたデータの保存フォルダのパスを指定して、[次へ]。
    5. [完了]をクリック。

    または、エクスポートしたファイルを上記のフォルダにコピーする。同じ名前のファイルは上書きされる。

    ■個々のメールごとにエクスポート/インポートする方法
    1. トレイのメール一覧からエクスポートしたいメールを、マイコンピュータまたはデスクトップの保存用フォルダにドラッグしてコピーする。
    2. 保存用フォルダとOE のトレイを開き、保存用フォルダのメールをトレイのメール一覧にドラッグしてコピーする。

    受信トレイ.dbx
    送信トレイ.dbx
    送信済みアイテム.dbx
    削除済みアイテム.dbx
    下書き.dbx
    他作成したフォルダ名.dbx

    アドレス帳 標準では次のフォルダに保存されている。(マイコンピュータまたはエクスプローラから順次開いていけばたどり着く。
    C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Microsoft\Address Book

    ■エクスポート
    1. ツール>アドレス帳>ファイル>[エクスポート]>アドレス帳(WAB)>を開く。
    2. 保存する場所とファイル名をを指定して[保存]をクリック。

    ■インポート
    1. ツール>アドレス帳>ファイル>[インポート]>アドレス帳(WAB)>を開く。
    2. エクスポートしたファイルの場所とファイル名を指定して[開く]をクリック。

    ユーザー名.wab
    ユーザー名.wa~
    ユーザー名.wab~



    ■メッセージルール

    メッセージルールは、レジストリのキーとして保存されているため、標準ではレジストリエディタを開いてエクスポート/インポートする必要がある。レジストリの編集については、知識のあるユーザー以外はおすすめしない。

    検索した保存フォルダを次回から簡単に開きたいなら、[アドレス]の欄のフォルダアイコンを右クリックしたままドラッグして、「ショートカットを作成」を指定すればよい。このショートカットをクリックすれば保存フォルダを開くことができる。



  2. IEのデータをインポート/エクスポートする

    IE の「お気に入り」とクッキーは、次のようにしてバックアップできる。自動バックアップツールを使用する場合は、フォルダごとコピーすればよいだろう。

    データ
    エクスポート・インポート手順
    ファイル名
    お気に入り   
    標準の保存場所は次のフォルダである。
    C:\Documents and Settings\ユーザー名\Favorites

    ■エクスポート
    1. ファイル>インポートおよびエクスポート>[インポートおよびエクスポートウイザード]を開く。
    2. 次へ>[お気に入りのエクスポート]をマークし[次へ]をクリック。
    3. [Favorites](全部)または他のフォルダを選択して[次へ]をクリック。
    4. [ファイルまたはアドレスにエクスポートする]を選択し、パスを指定して[次へ]。
    5. [完了]をクリック。

    ■インポート
    1. ファイル>インポートおよびエクスポート>[インポートおよびエクスポートウイザード]を開く。
    2. 次へ>[お気に入りのインポート]をマークし[次へ]をクリック。
    3. [ファイルまたはアドレスからインポートする]を選択し、パスを指定して[次へ]。
    4. [完了]をクリック。

     

    エクスポート後:bookmark.htm
    実フォルダ:インタネットショートカット
    クッキー 標準では次のフォルダに保存されている。
    C:\Documents and Settings\ユーザー名\Cookies

    ■エクスポート
    1. ファイル>インポートおよびエクスポート>[インポートおよびエクスポートウイザード]を開く。
    2. 次へ>[Cookie のエクスポート]をマークし[次へ]をクリック。
    3. [ファイルまたはアドレスにエクスポートする]を選択し、パスを指定して[次へ]。
    4. [完了]をクリック。

    ■インポート
    1. ファイル>インポートおよびエクスポート>[インポートおよびエクスポートウイザード]を開く。
    2. 次へ>[Cookie のインポート]をマークし[次へ]をクリック。
    3. [ファイルまたはアドレスからインポートする]を選択し、パスを指定して[次へ]。
    4. [完了]をクリック。

    index.dat
    ユーザー名@xxx[N].txt






  3. IEを軽くする

    インターネット一時ファイルは、Webページをキャッシュして次回アクセス時に高速表示させる便利な機能であるが、ブロードバンドユーザーには必要ないかもしれない。逆に、膨大なキャッシュのアクセスが負荷となり、IE パフォーマンスを低下させる原因となる。定期的にクリーンアップすればよいが、むしろもっと簡潔な次の方法をおすすめする。



    ■一時ファイルの容量を減らす

    1.ツールインターネットオプション>[全般]タブ>インターネット一時ファイルの[設定]をクリック。
    2.[使用するディスク領域]を減らして[OK]。

     

    ■一時ファイルを保存しない

    1.ツールインターネットオプション>[詳細]タブを開く。
    2.セキュリティの「ブラウザを閉じたとき、[Temporary Internet Files]を空にする」にチェックを入れ、[OK]。

    これで、IEを終了する際に、インターネット一時ファイルを保存するフォルダの内容を自動的に削除できる。


Windows XP Online Book    
HOME