Windows2000 レビュー

2000年2月から発売されているWindows2000についての評価です。より詳細な情報を入手したい方はパソコン雑誌の特集記事やマイクロソフト社のWebサイトを参照してください。問い合わせはこちらまで


●Windows2000の位置付け


当初、Windows2000は企業ユーザー用として位置付けられ、個人ユーザー向けのOSは別途開発される予定でした。(マイクロソフト社のプレスではこの予定は変わっていない。) しかし、最近のメディアの記事を見ると、どうもWindows2000は個人ユーザーを対象とするOSとしても位置付けられつつあるような内容が多い。マイクロソフト社自体もWin95/98からのアプグレードを推奨している。このため、Windowsユーザーは、いずれWindows2000を購入しインストールする、あるいはWindows2000をプリインストールしたパソコンを購入することになる、という暗示をかけられているような印象を受ける。一方で、開発元のマイクロソフト社のエグゼクティブは、「Windows2000はWindowsNTの後継OSであり、Win98の後継OSではない。」という立場を変えていない。Me(Millennium Edition)なるマイナーチェンジ版が2000年内に出現する計画のようで、統合はその先になる計画のようです。特に日本の市場では、中長期的な製品戦略と短期的販売戦略の矛盾が表面化しているようにも見える。 

Win98とWinNTは、見た目こそ酷似していますがそれぞれが異なる目的に応じて、異なる環境で開発されており、バックエンドの仕組みは全く異なる部分が多い。特に、ハードウェアのドライバーソフトは現在でもWinNTには対応していないものが存在しており、不用意にWin2000にアップグレードし慌てて存在しないドライバーを探し回るという現象が世界中で起きるということを覚悟しなければならないような気がする。そして、それぞれのチームがこれまで創り上げてきた膨大なソフトウェア資産を統合することなど不可能に近い。発売当日のいくつかのメディアは、マイクロソフト社の強い意向を反映してか、Win2000を「企業やパソコン上級者向けOS」と表現している。では、個人やエントリー・ユーザー向けOS(Win98の後継OS)はどうなるか、いつ発売されるか、が今後の焦点になってくるだろう。マイクロソフト社の製品ロードマップはWin2000の発売によって大きく軌道修正されたわけではなく、予定が前後しているだけと見ることもできる。苦労してWin2000にアップグレードしたら、次に”Me”(Win98の後継OS)が出現し、フォーマットしてWin98を再インストールした後、やっと後継OSをインストールできた...などという二度手間は避けたいのだが、「ブーム」に流されやすい日本のユーザーの多くはとりあえずインストールしてしまうような気がする。販売元にとっては、アップグレード版が2度売れる、こんなおいしい話はない。

Win2000もそうであるが、製品版出荷前にプレリリース版を公開しフィールドテストを行うというのはマイクロソフ社がよく行う戦略です。フィールドテストの結果を速やかに製品に反映できるなら(開発力が低下していないのなら)、Win2000は前評判どおりの製品に仕上がっているはずです。基本的な部分の不具合が多発するようなら、開発体制に何だかの問題があるのかもしれません。すでに、Active Directory、USBなどにバグが発見されている。いずれにしても、前述の製品の位置付けとBIOSやドライバーを含む、関連するソフトの対応状況が明確になるまで、不用意なアップグレードは避けるべきでしょう。

また、Win2000は初心者向きのOSとはいえません。アップグレードは比較的容易だが、トラブルの対処やメンテナンスには、Win98以上の知識が要求されることになるだろう。

次に、Windows95/98ユーザーの視点から、Windows2000の特徴をまとめておきます。

●メリット


カーネルモードとユーザーモードが独立しており、アプリケーションが停止してもシステム全体がフリーズすることはほとんどなくなる。つまり、Win98では、質の低いアプリケーションが悪さをすると、とたんにアプリケーションがハングアップし高い確率でOSも停止してしまう。また、メモリ管理やテンポラリファイルの構造的な問題があり、OSが不安定になる傾向がある。アプリケーションのインストーラによりシステムファイルやDLLが簡単に書き換えられてしまうなどの問題もあった。Win2000では、これらの問題が改善され安定性と信頼性が向上している。これがWin2000の最大のメリットといえる。

○セキュリティ

1台のパソコンを自分だけで使う個人ユーザーにはわかりにくいかも知れないが、LANや複数のパソコンとユーザーが存在する環境、1台のPCを家族で共用するマルチユーザー環境に対応できる。デスクトップや壁紙をユーザーごとに変更したり、自分専用のフォルダを作成できるなどのカスタマイズが可能である。ファイルシステムにNTFSを使用すると、「マイドキュメント」に自分だけのアクセス権を設定できるなどフォルダにユーザーごとのアクセスを制限できる。専用のメールアカウントも使用できるので、親子で使用しても互いのプライバシが保護できる。

●デメリット


○ハードとドライバの対応

WinNTを発展させたOSであり、ユーザーインタフェースは酷似していても、Win98とは構造的に異なる。内部のカードや周辺機器、特にビデオカードなどは正しく動作しない、DirectXが対応していないなどの問題が発生している。

○ソフトウェアの対応

Win32APIに準拠していないソフトや仮想デバイスドライバ(拡張子が「VxD」のファイル)を使用するソフトも動作しない場合が多い。(電源管理やビデオキャプチャーのソフトなど)CR-Rのライティング・ソフトなども問題のある場合がある。

対応していないソフトがどれかは、「Windows 2000 対応アナライザ」をダウンロードして検査できる。

●新機能

○パーソナライズドメニュー

スタートメニューのよく使うプログラムだけを表示したり、ハイライト表示するカスタマイズが可能である。(無効にすることもできる。)

○My Pictures

デジカメ用画像管理ソフトの機能がフォルダで提供される。フォルダの表示に「縮小版」が加わり、「マイピクチャー」フォルダでは画像の拡大・縮小や印刷まで可能になる。(「bmp」以外はフォルダのカスタマイズが必要。)

○システムファイル保護

アプリケーションのインストールや不用意なファイル削除によるトラブルを回避するため、システムファイル保護機能が稼働している。システムファイルが削除されたり置き換えられると検知し自動的に復活させる。Office 2000 などのWindows Installerに対応したアプリケーションのファイル(exe、dllなど)は、Installerが検知し再インストールすることにより、ある程度は保護される。

○インデックスサービス

このサービスを利用可能にしておくと、HDD上の指定したパスに存在する全てのファイルのキーワードが自動的にDB化され、高速検索が可能になる。特定のキーワードを含む文書ファイルの検索などに威力を発揮する。ただし、インデックスの作成まで時間がかかるため、頻繁にオンオフを繰返すユーザーには恩恵は少ない。

○ドライブ・マウント

NTFSにより、HDDに作成したパーティションをフォルダに割り当てることができるようになった。つまり、D:ドライブをC:ドライブのフォルダとしてマウントとする(2台のHDDを一つのCドライブとして使う)などの柔軟な割り当てが可能になり、既存のドライブの変更も容易になった。FAT32の領域をマウントすることもできる。ただし、領域をマウントする際は、マウント先のフォルダは空でなければならない。

○ダイナミックディスク

フォールトトレーランス機能により、再起動することなくディスク構成を変更できる。具体的には、ベーシックディスクをダイナミックディスクのアップグレードしておくと、シンプルボリューム、スパンボリューム(複数のディスク装置にまたがった一つの領域を確保して動的に領域を追加できる)、ストライプボリューム(複数のディスク装置にデータをストライプ状に書き込むことで高速アクセスを可能にする)を作成できるダイナミックディスク機能を使用できるようになる。ただし、スパンボリューム、ストライプボリュームは、Win2000のシステム領域が置かれたボリュームには適用できない。

○デフラグ

NTFSとFAT32に対応する最適化ツールが標準で提供された。ただし、データやアプリケーションのファイルのフラグメンテーションは解消できるが、ページファイルやWin2000のシステムファイルの最適化やディレクトリの再配置はできない。

○ファイルのプロパティ

NTFSの機能により、あらゆる形式のファイルに、タイトル、サブジェクト、分類、作者、改定番号などの項目を付加して表示させたり、画像のプレビューができる。効率的なファイル管理が可能になる。

○フォルダ・ファイルの圧縮

ドライブ全体に加えて、フォルダ、ファイル単位の圧縮ができる。圧縮したフォルダの別色表示の設定も可能である。ただし、暗号化と圧縮の両方を選択することはできない。

○フォルダ・ファイルの暗号化

NTFSを使用する場合には、HDDの内容を暗号化して保存することができる。暗号化設定したフォルダに作成された全てのファイルとサブフォルダはユーザーごとの証明書と秘密鍵により自動的に暗号化される。暗号化設定を実行したユーザーには復号化の作業をしなくとも、普通のフォルダやファイルとしてアクセスできる。ただし、ドラッグ&ドロップでは暗号化は行なわれないので、コピー&ペーストする必要がある。

○オフラインファイル

ネットワーク同期機能(オフラインフォルダ)でネットワーク・フォルダ/ファイルをキャッシュでき、ネットワークに再接続するとファイルの同期が行われる。(ノートPCを使うモバイルユーザーにはうれしい機能。)

○多言語対応

Unicodeに対応し、複数言語(日本語版では英語、中国語、韓国語など)の表示、入力、印刷が可能になった。(IMEで設定する。)多国籍企業や留学生などには有益である。ただし、アプリケーションを使用する場合は、それらのソフトも多国語の表示入力をサポートしていなければならない。(ユーザーインタフェースを全て変更するには後発の「マルチランゲージバージョン」を別途購入しなければならないらしい。)

○FAXの送受信

FAXモデムが接続されていれば、FAX機能が自動的にインストールされプリンタフォルダにFAXプリンタが追加される。FAXサービスの管理コンソールで受信可能に設定すれば受信もできる。受信FAXはTIFFファイルとして保存される。出力先にプリンタを指定すれば直接印刷することができる。ただし、Win95で提供されていたFAXの共有機能はない。

●その他の特徴

○Win2000は、ネットワーク環境を前提としたOSであり、起動時に「ログオン」ウインドウが現れる。「Administrator」(最上位の権限を持つユーザー) のパスワードを忘れるとリカバーが難しいらしいので要注意。

○リソース不足がかなり解消される。(重いプログラムやIEを複数起動しても、システムリソース不足のメッセージはなかなか出ないし、他のプログラムを巻き込んでクラッシュしないらしい。)

○操作性については、既存のWindowsNTと大きくは変わらず、細かな点で改良されている。Office 2000で採用されたインタフェースが組み込まれたり、ファイル/フォルダの履歴管理が可能になるなど「充実」してきた印象を受ける。ただ、Win95/98ユーザーは、いくつかの設定ウインドウが異なったデザインなのでとまどうところがあると思う。(個人差があるので受ける印象はかなり異なる。)

○MMCという管理設定機能が採用され、設定やメンテナンス作業がこれまでと全く異なる内容になる。(この種の知識は別途習得しなければならない。慣れるしかない。)

○デュアルブート対応なので、1台でこれまでのWindows環境とWin2000環境を共に構築できる。

○マルチプロセッサ対応なのでデュアルCPUマシンでは、大幅な処理能力向上が期待できる。

○ネットワークと通信機能(ダイヤルアップ接続、LAN、ケーブル接続など)が「マイネットワーク」に統合されるのでかなりわかりやすくなる。

○Win98のDOSモードはない。DOSのプログラムは稼働しない場合が多い。

○VGA,サウンド、モデムなどのドライバーは、添付のCD-ROMに含まれていなければ、Win2000対応(WDM)のものを別途入手しなければならない。(アップグレードの際は、要注意。)

筆者の言葉で表現すると、「Win2000サーバーを中心としたネットワーク環境において最高の能力を発揮する、アップグレードしやすく、フリーズしないプラットフォーム(OS)」ということになる。Win98のスタンドアロン・ユーザーにとっては評価に困るOSかもしれません。(彼らにとってはフリーズしないのが唯一の利点であり、ログオンだけ余分だと感じるかもしれません。) メリットをまとめると、「信頼性とパフォーマンスの向上」なのですが、相当数の不具合も発生しています。

補足:WDM(Windows Driver Model)は、Win98とWin2000で採用されている。Win98では、Win95の旧式ドライバーも稼働できるため、新旧混在する結果になっている。旧式ドライバーがインストールされているパソコンをWin2000にアップグレードすると、Win2000 マスターCDまたは対応ドライバCDにWDMドライバーが含まれていればうまくアップグレードできるが、含まれていない場合はユーザーが「Windows2000用」と明記されたWDMドライバーを入手して別途インストールしなければならない。